Archive

For 6月, 2011

GTの衛生管理

No Comments

よくある厨房内のGTです、、。

衛生管理業務として数箇所洗浄を行っています。

定期的な洗浄により

衛生的な設備の維持が保守されています。

洗浄後。

洗浄後。

明日からいよいよ7月!

更に暑さとの戦いとなります、、。

健康管理に留意し更に進んでいきます。

アフター

No Comments

先日の現場ですが・・・

この季節はどこの場所であっても、こんな状態が多くみられます、、泣

貯水槽内外の洗浄は勿論ですが、設備周辺の維持管理も大切な事です。

なかなか、毎日の管理という訳にもいきませんので、

年一度の管理時には、シッカリと行いたいものです・・

これまで、数多くの現場で教えられた事は、

周辺状況の悪化は、衛生状況の悪化へとつながる可能性が高いということです、、。

今後の為にもアフターメンテナンスとして、

整備等での環境維持の方法を考えたいと思います・・

汗、、そして汗・・・

No Comments

いっきに夏の日差しと気温で

汗、吹きまくりでしたが、、

まずは店舗内の片付けから、、、。

厨房内でこんな事をしていますが、、、。

まだ これからですが、、、

次第に画になって来るのでしょう~

ついに生まれ変わりましたね。

No Comments

ご無沙汰です~!

綺麗に生まれ変わっていました~。

お施主様、大工さん

、職人さんナドナド・・・

沢山の方々のご協力のお陰です、、。

久しぶりにお会いして一番に感じた事は、

皆さんの笑顔がイッパイ見れた事でした・・・笑

これからもずっと絶やさないで下さい・・・

また、

2期工を考案していきます~。

そして、一路 三木市へ、、、

これから、飲食店舗の改修を考えていきたいと思います・・・

定期洗浄

No Comments

先日、

半年前にお世話になった工場の、雑排水管の定期洗浄を行いました。

動画でご紹介させて戴いている現場ですが、工場内は非常に衛生的で、

また管理体制もすばらしいと常々感心いたします。

ダンパー車の吸引の元で洗浄を行っていくのですが、今回の洗浄箇所7系統と、

洗浄距離約(150A)・300mの処理量を定期的に処分される事で、

シッカリと維持管理が行えているものと思っています。

また、そのお役立てにご協力出来る事を嬉しく思います、、。  

地下式受水槽では・・・

No Comments

先日の、

RC受水槽清掃消毒作業ですが、

水位も下がり槽内に入ると、何やらポンプに吸い寄って来る物が・・

ふいに手ですくってみると、、、

後で確認すると、植物の根っこでした、、。

昔、 小学校の頃

 ヒヤシンスの根っこがグラスの中の水を目指し伸びていった時のように、

ここでも生育していました。

しかし、ここでは人体に影響を及ぼし兼ねないので処置が必要でした、、。

高架水槽でも

光合成が・・・

生活用水、飲用水の衛生は、

常に定期的な管理を必要としているのではないでしょうか・・・

貯水槽の衛生

No Comments

東日本の大震災から3ヶ月が経ちました、、。

時間の経過と共に、気温の上昇により地域の衛生面でも懸念されています、、。

あらためて、被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。

衛生面の事では、毎日生活している私達自身にも

大小問わず、同じ事が言えるのではないでしょうか・・・。

貯水槽でも管理一つで変ってきます。

周辺のチョットした環境の変化でも変ります。

日々の生活面で必要とされる水ですので、

より衛生的な水でなければいけませんね、、。

( 明日お世話になる貯水槽です、、。 )

お施主様と、ご入居されている皆さんが安心できる水の提供を

これからも常に考えていきたいと思います。

保冷庫の維持

No Comments

こんな事ありました、、

「 臭気がひどくて、、  泣・・ 」

施設厨房のグリストラップのご相談でしたが、

この時期は特に臭気は増しますが、、行ってみると防臭の関係で・・・

処置を行い、

その後、数箇所下見を行いました。

衛生面での処置が必要でしょう~ね、、。

別件では、

保冷庫のクーラーの故障や、各所のメンテナンスなどのご相談ナド、、。

設備の維持管理とコストも考えていきたいですね~、、。

自然の原理ですが・・

No Comments

こんなことがありました、、、。

何やらゴジャゴジャと溜まってますが、、

良く見ると、、、

雨水管が見えてきました、、。 (汗、、

実は、

雨水の溝にシダの根っこが生え伸びて、ついには管が閉塞していました、、。

管内からは、まるでゴボウのように太った根っこが

次から次へと・・・。

自然の原理ですから仕方ありませんが、

ここに生えてもらってはチト困りますね、、、泣、、

除去後は、雨水管内と側溝の洗浄で終了となりました。

側溝の堆積物には栄養が沢山ありますよ・・・。

逆止弁

No Comments

夜間作業ナドもあって、、

空白の2週間となっていました、、。 

振り返えってみると・・・

これは、

貯水槽関連の揚水ポンプ付帯の

逆止弁の交換をしている様子です、、。

この逆止弁、給水設備にとってはかなり重要です。

というのも、ご存知でしょうが・・・

受水槽の水は揚水ポンプによって高架水槽に揚げられていますが、

ポンプが停止すると揚水管内の水は、この弁によって遮断されます。

しかし、弁内部の劣化などで完全に閉まらなくなると揚水管の水は

受水槽へと戻ってしまい、

揚水管内には絶えず空気が滞留してしまいます、、、。

その為、鉄管内にサビが生じ劣化が始まります。

外面は変わりなく見える付帯部材でも、

清掃時には、機能点検や整備を行ってもらうのが必要ですね~。

Blue Taste Theme created by Jabox